11月2日(火曜日)

◆タンデムファルケ 復活

中澤です。
6月にカラスに突っつかれ、羽布に穴の開いてしまったタンデムファルケが紆余曲折の上、10月末に復活しました。

最初はカラスに突っつかれた穴だけ補修するつもりでしたが、左翼上面の羽布部分を張り替えることになり、その次には右翼もやろうと言うことになりました。

最初は三科の担当でしたが、JA09AWの原因不明のトラブルにかかりっきりになり、マークに作業をバトンタッチ。そのマークも一時はコロナかと言う高熱を出しダウン。当初の予定から大きくずれ込みましたが、先日、復活しました。

この羽布張り作業は、ドイツ・アイヒェルスドルファー社で新たに開発されたセコナイト用の塗料で、本邦初の作業でした。

◆三田工房では

三田工房では、最近あまり見かけなくなったブラニック(スーパーブラニックですが)の整備が行われています。

◆スタンダード・リベレ

往年の名機、一世を風靡した、グラスフリューゲル社のスタンダード・リベレの復活作業が始まっています。

私(中澤)も学生時代に一度だけ乗ったことがあり、その感激が忘れられず、私の友人のヘルムート・リンドナーから買った機体です。

今回、縁があって、日本で最初にこの機体を導入した仙台にいくことになり、整備が始まっています。

(写真、文:中澤 愛一郎)

関連記事

  1. 9月5日(日曜日)

  2. 曇りの日曜日

  3. 11月5日(金曜日)

  4. 6月11日(金曜日)

  5. 4月25日(日曜日)

  6. 11月21日(日曜日)