4月3日(土曜日)

◆革ジャン

中澤です。

「そうか、アメリカに送れば良いんだ」
ある朝、目を覚ました途端に気がつき、早速調べ始めました。

と言うのは、かなり前からノーズアートを背中に描いた革のジャンパーを手に入れたかったのですが、ジャンパーだけ先に手に入れてしまったんです。アメリカからは定期的にノーズアートのジャンパーの宣伝が入っていました。

早速、その会社に問い合わせをしたところ、手書きは縫製されたジャンパーには描けないが、プリントだったらできるとの回答でした。
本当は手書きが良かったのですが、プリントでもしょうがないかと一時は思い、送る準備までしたのですが、今一、プリントがどんな出来映えか、またデザインも日本に爆撃するノーズアートやドイツへの爆撃で有名になった、メンフィスベルだったりして、躊躇していました。

そーこーするうちに、日本で革のジャンパーに書いてくれる人を見つけ、連絡を取りました。デザインは自由だと言うので、実際のノーズアートに私の原点であるRF4D、JA2110をデザインしてもらおうと、何回かのやりとりの末、RF4を背負ったノーズアートまがいの革ジャンパが出来上がりました。

◆三田工房

Ka8のオーバーホールが進んでいます。

胴体の表面塗装が終わりました。
本邦初のアイヒェルスドルファが開発した塗料です。

◆珍しい機体が入ってきました

ASK18と言う、今では日本で1機だけになった機体の修理が始まりました。
三田マジックの真骨頂です。

◆メイン工場での機体が変わりました

本邦3機目のHK36Rの整備が始まり、その横にはHK36TTCのダイヤモンド製のモーターグライダーが2機並んでいます。
その隣は、DG800AとVenus CMが並んでいます。手前がDG800A,写真奥にVentus CMのプロペラが見えます。

整備工場からでした。
次回は、第2工場で始まった、スピードカナードの整備の写真を送ります。

写真・文 中澤 愛一郎

関連記事

  1. 6月13日(日曜日)

  2. 5月3日(月曜日)

  3. 曇りの日曜日

  4. 4月10日(土曜日)

  5. 2021年3月11日

  6. 5月1日(土曜日)