1月30日(月曜日)日本フライトアシスタンスよりお知らせ

◆複座コブラトレーラーの車検について。

日本フライトアシスタンスは今まで何台かのトレーラーの車検取得作業を行なっています。車検を取るには、輸入時に自動車通関証明書がある場合と、通関証明がない場合があります。
通関証明がある場合は、灯火等を日本の基準に合わせ、総重量、重心位置、旋回半径等の計測を行い車検場に持ち込みます。
通関証明が無い、または紛失してしまった場合は、「組立方式」と言う方法で車検を取る方法があります。
これは以前にあるまとまった数のコブラ複座トレーラーについて、組立方式と言う形で認可を受けた証明書により車検を受ける方式です。
上記、輸入時の通関証明書がない場合は、この組立方式で車検を受けます。弊社はこの方式で10数台のトレーラーの新規車検を行なってきました。

しかし現在、この認可を受けた「組立方式」の証明書が最後の1通を残すのみになってしまいました。これからこの組立方式での認定を取るには、対象となるトレーラーが30台以上見込まれないと取れません。

以上の事から、弊社は組立方式による複座型コブラトレーラーの組立方式による車検が最後の一件になります。

通関証明が無いトレーラーをお持ちの方で、トレーラーの車検を取りたいと言う希望のある方はご連絡ください。

◆TOST社製レリーズの価格変更

日本フライトアシスタンスでは、Time upしたレリーズと引き換えする条件で、O/H new のレリーズを販売しています。現在まで、このエクスチェンジサービスでのO/H new レリーズを36,000円で販売していましたが、昨今の円安と輸送費の高騰によりこの価格を維持することが難しくなりました。

大変申し訳ありませんが、2023年2月より価格を38,000円/個に変更させていただきます。

また、このエクスチェンジサービスを維持するために、取り下ろしたレリーズを弊社からのレリーズを受け取ってからなるべく早い時期(1ヶ月以内)にご返却下さい。取り下ろしたレリーズはあるまとまった数になると、TOST 社に送りオーバーホールして帰ってきます。
取り下ろしたレリーズが弊社に戻ってこないと、このサイクルでのレリーズの数が少なくなってしまい、タイムリーに供給できない事になってしまいます。

どうぞよろしくお願いいたします。

中澤 愛一郎

関連記事

  1. 11月21日(日曜日)

  2. 8月4日(金曜日)

  3. 5月29日(土曜日)

  4. 10月30日(日曜日)

  5. 事業用操縦士 飛行機 陸上単発限定変更 合格!!

  6. 11月28日(日曜日)