Ka6,Ka8,ASK13,ASK18をご使用の皆様へ

今年7月12日にアレキサンダー・シュライハ社製木製グライダーに対するTN20とTN21が発効されました。

また、同日付でEASAからこのTNに相当するAD 21-100が発効されました。

ASK13で言いますと、すでに発効されているTN12のエレベータ―ホルンの取付部の接着不良を防止するための点検を再度行い、

その後、毎年または飛行回数500回ごとに点検を繰り返すものです。

また、TN21では、曲技飛行及びスピンを禁止するための処置が記載されています。

上記該当機を運航されている方は至急担当検査員に連絡し、処置を行ってください。

関連記事

  1. 無線機の新スプリアス基準問題

  2. ASK21のTNについて

  3. ASK21に新しいTNが出ました