11月28日(日曜日)

◆大忙しの日曜日

中澤です。
昨日の強風横風とは一変し、朝から気持ちよく晴れた暖かい一日でした。
クラブハウスも朝から盛況で、グローブは一日中飛んでいました。

そんな中、小林英次環境整備担当部長はウッドデッキの補修に余念がありません。結局、1日で10本の木を取り替えたとのことです。

整備担当としては、ローヤー号SF25B搬出、組み立て、耐空検査、泣く子も黙る某N大のASK21の試験飛行、某Duo Discus Tの車輪ブレーキテストが予定されていました。
ついでに、昨日、誰も飛ぶことを躊躇する中、一人飛び出して行ったVentus2cMの口村さんは、みんなの呪いでエンジンが不調になってしまい、ついでに自分の車も車検でヒッチの付いていない代車で登場でした。
こう言う時に活躍する三科は、昨日まで富士川でトラブル・シューティングでしたが、日帰りの予定が一泊になってしまいましたが、帰ってきていたので早速Ventusのトラブル・シューティングでした。
その他、スバルのDuo Discusもあり、曳航機はひっきりなしでした。

好天の大利根。ファルケ、HK36、G109が2機づつならんだ南側の駐機場。

Ventusを見入るガスター石川氏。
首をうなだれていますが、彼が壊したわけではありません。

エンジン不調の原因が分かり、テストフライトに飛び出すVentus。
安全を見て、離陸は飛行機曳航で引き上げ、上空でエンジンのテストを行いました。

半年ぶりに飛行場へ復帰したSF25B 「JA20GM」
自分の工房で半年間、整備をして、半年間、飛行場へ出すパターンです。

西尾は主翼の固有振動数を測っています。
1分間の振動回数を数えるのですが、側から野次馬がわざと話しかけて邪魔をします。

泣くも黙る某N大学のASK21の耐空検査です。

夕方最後になりましたが、車輪ブレーキの修理が終わったDuo Discus Tの試験飛行を行いました。絶対治っていると思ったのですが、残念ながら治っておらず、またまたどこが悪いのか分からないドツボにハマった三科でした。
09AWのトラブルと言い、どこに原因があるのか分からない事象が三科担当に続きます。

◆楽しそう!

垣内です。クラブ員のアランさんがお友達と一緒に遊びに来てくれました。
小型機は初めて、後席で楽しそう。

急旋回でGがかかり、更に楽しそう(笑)

また遊びにきてください!

(文、写真:愛さん、一部編集:垣内)

関連記事

  1. 5月5日(木曜日)Ver.2

  2. 6月5日(土曜日)

  3. 12月30日(木曜日)年末運行特大号

  4. 4月4日(日曜日)

  5. 6月5日(日曜日)

  6. 2月21日(日曜日)