JMGC 日本モーターグライダークラブ

あいちゃんより

日本モーターグライダークラブのホームページにようこそいらっしゃいました。私は代表を務めます中澤愛一郎(通称 あいさん、または、あいちゃん)です。最初に簡単な自己紹介をさせてください。

私は昭和22年(1947年)団塊世代のまっただ中に生まれました。父親がグライダーの製作会社を経営していた関係で、子供の頃からこの世界の人間でした。高校生になり、当時二子玉川にあった読売新聞社の飛行場で活動していた「学生航空連盟」に加入し、グライダーの操縦訓練を始めました。大学でも同じクラブでグライダーを続け、学生3年生の時に5時間滞空と1000mの獲得高度を筑波山の斜面風を利用して達成しました。しかし、大学卒業までに50Kmの距離飛行は達成できませんでした。

大学生の頃、飛行機の操縦訓練を大利根飛行場で始めました。また、当時、ドイツから輸入されたSprtavia RF4Dに乗っていました。しかし、このRF4Dは単座だったため、有効に使用できない状況でした。ちょうど大学を卒業する頃、その有効に活用されていないRF4Dとそのころ新たに輸入された複座のRF5を使用したクラブを作らないかとの父親からの薦めで、大学卒業と同時に「日本モーターグライダークラブ」が発足しました。

a13

「日本モーターグライダークラブ」(JMGC)の発足

昭和46年(1971)大利根飛行場にて、単座モーターグライダー Sprtavia RF4Dのみでクラブが発足しました。その後、当時、板倉滑空場に大阪から来ていたSprtavia RF5を借り受け、2機体制で操縦訓練が始まりました。その後、当時早稲田大学航空部が所有していたRF5を譲り受け、3機体制で運航されました。

モーターグライダーを最初に導入したため、エンジンやプロペラと言ったそれまで経験しなかった整備の問題に直面して行きました。また、モーターグライダーもSF25Cファルケも次々に輸入されて来ました。ドイツでもモーターグライダーが爆発的に増え、次々に規定が改正され、FRP製の並列複座型のモーターグライダーが開発されました。

日本国内でもこれらのモーターグライダーの輸入が希望されており、日本で飛べるように法律の改正がされ、グローブ社のG109B、ウ゛ァレンティン社のタイフーン、ホフマン社のH36ディモナが輸入されました。JMGCも積極的に新しい世代のモーターグライダーを導入し、現在、4機のグローブG109Bを保有して、操縦訓練に使用しています。JMGCは色々な事を楽しみに変える集団です。だれでも仲間になることができます。 さぁ、皆さんも仲間になりましょう!!

株式会社 日本モーターグライダークラブ
代表 中澤 愛一郎

あいちゃんへメールを出すには下記から!!

*は必須項目です
氏名*
件名
E-mail*
問い合わせ内容*
451