JMGC 日本モーターグライダークラブ

体験してみたい!!

入会を検討しているけど・・・まずは、どんなところか見てみたい! 「体験搭乗」をされてみては如何ですか?実際にクラブの雰囲気や交通の状態・・・何より飛行場や飛行機を目の前で感じてください!

JMGCへようこそ!!

日本モーターグライダークラブ(JMGC)のホームページへようこそ!! JMGCは、1971年に設立した「空をオモシロ、おかしくぜ~んぶ楽しむ」をモットーとした飛行クラブです。 名前が表すように主力航空機はモーターグライダーですが、現在は、グライダー・飛行機まで操縦訓練・ジョイフライトを行っております。(0馬力から300馬力まで) 週末・祝祭日・平日に関わらず多くの皆様が飛行場に訪れています。貴方もそんなJMGCを覗いてみませんか?

club-1

操縦練習

我々が訓練生に求める技量とは・・・「飛べる」ではなく「飛ばせる!」です。 航空機は、元来「飛行する機器」として「設計」され「製造」されています。 一言でいうならば「飛ぶように作ってあるのです」これらの機器の操作のみを追求するのではなくフライト全体をコーディネイトしていく事こそが「総合能力」だと考えております。 操縦士には、気象・工学・航法や通信など様々な知識を要求されるのですが、これらをうまく活用し、また、応用することにより本当の意味での「飛ばせるパイロット」となるわけです。 敷居の高いような話ですが、JMGCで訓練を進めることによって自然とこれらの事が身につくことでしょう。「JMGCの教官陣」の殆どがJMGCでかつて訓練生だった者です。 誰もが突き当たる漠然とした不安や壁をわが身に置き換えてインストラクション致します。

club-2

Joy Flight

JMGCでは、ライセンサーとなった皆様に機体をレンタルしています。 基本的なローカルフライトから地方空港へのナビゲーションまでクラブ機材を使う事が出来ます。週末に・・・クラブ員を誘って松本・福島・大島へ、はたまた泊りがけで遠征へ! 夢は無限に広がります。 「来週は松本に行くか?」の声が上がると・・役割分担や集合時間が次々と決まっていきます。先輩が後輩に気象や注意事項などがブリーフィングされそして自然に事が進んでいきます。年齢や性別を超越した連帯感。真のクラブライフとはこのようなものを言うのではないでしょうか?そしてその現実がJMGCにあることを常々「誇り」に感じています。 大利根飛行場という舞台の上で劇団JMGCのキャストとして、パイロットライフを演じてください!

※体験搭乗の費用(例です。)

航空機の種類

費用

グライダー

曳航料 2000ft(600m)以下 5,500円
体験搭乗 (15分)      4,200円
合計             9,700円

モーターグライダー

1時間/30,000円(体験搭乗時)

※精算は1分単位  例えば20分=10,000円

飛行機

1時間/39,000円(体験搭乗時)

※精算は1分単位  例えば20分=13,000円

club-31

特定操縦技能審査

平成24年4月1日に施行された「特定操縦技能審査」もJMGCで行う事が可能です。クラブ員外の方もお問い合わせフォーム等からご相談ください。

JMGCではグライダー・モーターグライダー・飛行機での「体験搭乗」が可能です。飛行場にて随時受付を行っております。 ご遠方からのご来場、天候等 お問い合わせはこちらのフォームまたは

日本モーターグライダークラブ
飛行場直通TEL 0297-86-8860へお気軽にど~ぞ!

また体験搭乗には申込書に記入していただく必要があります。20歳未満の方は親権者の同意が必要ですので予め下記からダウンロードして頂きご記入ください。

14歳以上の心身ともに健康な方なら入会が可能です。クラブ所定の用紙に住所氏名等をご記入の上お申込みください。
入会金 : 10万円     年会費 : 18000円 (初年度は月割りになります。)

操縦練習許可書
操縦練習を始められる方(ライセンスをお持ちでない方)操縦練習を行うためには国土交通省・航空局が発行する操縦練習許可書が必要です。詳しい手続きについてはクラブハウス等でお尋ねください。

練習場所
茨城県稲敷郡河内町 大利根飛行場

練習日
水曜日から日曜日までフライトできます。月曜日、火曜日はお休みです。(ただし火曜日は隔週で運航しています。なお月曜日・火曜日が祝日にあたる日は運航しています。火曜日に関しては事前にご確認ください。)こちらまたは飛行場まで電話でご連絡ください。また雨天・強風など運航に支障がありそうな日も飛行場携帯電話までご連絡ください。
飛行場直通電話 0297-86-8860